人々をより早く適切な医療に案内するユビーメディカルナビ

  • 2022.03.21
人々をより早く適切な医療に案内するユビーメディカルナビ

院内の業務効率化やクリニックの認知向上など患者さんとのコミュニケーション設計を通じ、診療の質向上を支援する医療機関向けサービスです。

ユビー メディカルナビとは?

ユビーメディカルナビとは、ユビーAI問診など複数のソリューションを総称する医療機関様向けパッケージです。診察や受付業務の効率化や、患者さんからの認知向上など、さまざまな角度から診療の質向上を支援します。

ユビーAI問診

AIによる深掘り+カスタマイズにより主訴に応じて適切な問診を取得

AIによる事前問診で、診療の効率化/充実化を同時実現。「5万件の医学論文」を基礎に、医師監修のもと常に新しいエビデンス情報が追加されます。

ユビーリンク

症状検索エンジン「ユビー」への掲載で患者さんからの認知向上

月間700万人が利用する症状検索エンジン「ユビー」で症状チェックを行ったユーザーとクリニック様のマッチングを支援。より適切な受診体験を実現します。

ユビーメディカルナビ導入後の診療の流れ

ユビーメディカルナビを導入することで、受付時間が大幅に減少し、滞在時間の短縮が見込めます。電子カルテへの記載も事前の問診票から簡単にコピーが可能です。※ 紙カルテでもお使いいただけます

ユビーメディカルナビが解決する課題

医療者の能力が事務作業などに割り振られていて、診察に十分なパワーを割けていない状態を、問診など必要情報が事前に収集でき、より適切な受診体験を支援することで解決します。

1,400以上の病院・クリニックでご利用いただいています

業務システムとの連携

診察や受付業務の効率化や、患者さんからの認知向上など、さまざまな角度から診療の質向上を支援します。

電子カルテとの連携

電子カルテをご利用のパソコンで、患者さんのAI問診結果をご覧になれます。患者さんの問診結果は、医学用語に変換され、カルテに最適化した文章として自動出力されるので、1クリックでカルテにコピー&ペーストするだけで、カルテの大半が完成します。
※ 紙カルテでもお使いいただけます

予約システムとの連携

WEB予約した患者様に問診を案内することで、予約から問診回答へとスムーズにご案内することができます。来院前に問診回答する患者様が増えるため、患者様の院内待ち時間、来院後のスタッフの作業を効率化することができます。

連携実績

EPARK クリニック・病院、ドクターキューブ、メディカル革命、診療予約2020、テルミーi、LXMATE HeLios(エルエックスメイト ヘリオス)、i-CALL(アイコール)、アイチケット、Check-on(チェックオン)、MEDICALPASS(メディカルパス)、待ち行列、3Bees(スリービーズ)、CLIUS、SelectType、mpit、医者どこ予約、まちみる

企業概要

医療現場の業務効率化を図るAI問診サービス「ユビーAI問診」と、生活者に対して症状から適切な医療への案内をサポートするサービス「症状検索エンジン
ユビー」を開発・提供。

企業名    Ubie株式会社
代表者名共同代表取締役 阿部 吉倫・久保 恒太
設立2017年5月
所在地〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町二丁目4番3号 日本橋堀留町2丁目ビル 6F
URLhttps://intro.dr-ubie.com/

パートナー企業 カテゴリの最新記事